音楽

2013年3月菊池洋子さんのコンサートに行く

昨日(3/9)東郷町に菊池洋子さんのコンサート見に行ってきました。昔のContinentalのマイレージがたまっていて、continentalのころはマイレージ無期限有効だったのですが、Unitedと合併したとたんに、2014年3月までという期限がついて、あと10万マイル近くあるマイレージを1年で消費する必要があり、Igaさんに付き合ってもらって、福岡-中部国際空港 名鉄と地下鉄乗り継いで東郷町までの移動となりました。Igaさんお忙しいところすみませんでした。

20130309_Nagoya_1


東郷町民会館30周年記念事業 
第68回コンサートへの誘い
春を呼ぶモーツァルト
東郷町民会館ホール
出演:セントラル愛知交響楽団
小松長生(指揮)
菊池洋子(ピアノ)
プログラム:
モーツァルト
ピアノ協奏曲第20番ニ短調
交響曲第40番ト短調
ピアノ協奏曲第21番ハ長調
<アンコール> 主よ人の望みの喜びよ
演奏家自身によるトークほか

日本では珍しい(私は初めての経験)ピアノ協奏曲2回の演奏と、菊池洋子さん自身による、曲紹介などとても楽しいコンサートでした。コンサート後はご本人のサイン会もありました。モーツアルトピアノ協奏曲マニアの私にとっては、最高のコンサートでした。アンコール曲の 主よ人の望みの喜びよも ピアノ演奏で、とてもピュアーな感じ 感動でした。
最近、いろいろなことがあって、荒れている心を、癒してくれるすばらしいコンサートでした。
帰りは、名古屋駅地下街で、元気のでる名物味噌カツを食しました。

20130309_Nagoya_2

朝9時に家を出て、あっという間の一日でした。
Igaさん私の趣味に付き合わせてしまて、すみませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Piadaのコンサートへ行く

サイクルモード2009から一旦家にかえって,犬の散歩したあと、三軒茶屋へ 今日(12/13)はPiadaのコンサートです。南武線/田園都市線の経路でしたが、三軒茶屋思った以上に近くでした。(30分ほどの距離)今まで、PiadaのLiveでしたが、今日はサロン・テッセラというコンサートホール。満席でした。やっぱPiada良いですね。癒されました。犬の散歩があるので、先生とあまりおしゃべりできずさっさとかえってきてしまいましたが、非常に良かったです。次は2月 楽しみにしています。
20091214Piadaコンサート_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天国終了

何か特別な事をしたわけではないが、好きな時間を家で過ごせた。普通に家にいて、犬の散歩行って、会社行って、本読んで、かめの水かえて、何から何まで普通だが、天国のように感じられたのはなんでだろう。ま、のんびりマイペースと周囲に気兼ねしなくていいというのが、楽だったのかな? 結局、一番の成果はi-tuneの整理ができて、昔のMP3をAACにコンバートできたことかな? マライアキャリー/セリーヌディオン/ジュリアフォーダム全曲録音し直し。犬の散歩のときにマライアキャリー聞いていた。やー一時期聞けなかったけど、いまは普通に聞けるようになった。やっぱ"Hero"は心にしみるな・・・ 夕方、家族を駅までお出迎えにいって、天国終了。あすから、仕事 またがんばろう。
20090412天国終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cerinbaのライブへ行く(atBigFoot)

7日ほど前に井上先生からメールをいただいて,3/28に私の家 近所のBigFootでライブを行うということを教えていただいた。実は当初の予定だと、このあたりは海外出張に行っていたのでノーマーク、(海外出張はキャンセルとなりました)また、土曜は水泳教室があるので夕方はまったく視野に入れていなかったが、水泳教室後でもチャリで数分で行ける距離だし 思えばPiadaは何度か行ったがCerinbaは未体験だということで、早速BigFootに予約を入れさせてもらった。BigFootはライブ以外でもよく行くお気に入りのお店の一つ。水泳教室は振替で前日に終わらせておいて、当日(3/28)は犬の散歩行ってからBigFootへ。7時20分ごろの到着だったが一番最後だった。Piadaとはちょっとちがった素晴らしい演奏。特に山崎さんのオリジナル曲はとても気に入った。(録音しとけばよかったとおもうくらい) お気に入りはSeptember。昔行ったマルセイユの街並みをなぜか思い出した。Cerinbaのライブでいつも疑問に思っていたのはマリンバの運送方法。でかい車で運送を想像していたら、バラバラに分解できるのであった。それを、みんなで手伝って、あっと言う間に車に積んでしまった。さすが手慣れている。コンサート後のお茶もご一緒させていただき楽しいときを過ごした。先生とも話ができたし楽しい 夢のような週末を過ごすことができた。先生ありがとうございました。次回もまたCerinbaのライブ楽しみにしています。
20090328BigFoot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

200902オーストラリア出張-メルボルン2

200902Melbourne-13

週末はのんびりホテルで仕事してました。お昼は、この出張で知ったとても気に入った中華料理「雲南過橋米麺」鶏がらスープで、うどんのような米の麺です。おいしい・・ これでたったのAU$9(約540円)堪能しました。夜は、市内の屋外コンサートホールでメルボルン交響楽団の無料コンサートがあり、しっかり見に行きました。ラフマリノフのピアノ協奏曲2番聞きたかったんですよね・・屋外でクラシックコンサートは初体験。屋外ということもあって子供は走り回り、ヘリコプタが上空を飛んだり、鳥が鳴いたりと騒がしかったですが、青空が広がる中、最高に気持ちが良いコンサートでした。アンコールは「亡き王女のためのパヴァーヌ」オーケストラ版。やーよかったです。

Saturday 14 February 2009 at 7:00 PM
メルボルン交響楽団 - Sidney Myer Music Bowl
Repertoire
MAHLER  交響曲 No.5: Adagietto
RACHMANINOV  ピアノ協奏曲 No.2
RAVEL  Daphnis & Chloé: Suite No.2
TCHAIKOVSKY  Romeo and Juliet - Fantasy Overture
アンコール:ラベル「亡き王女のためのパヴァーヌ」
Featuring
Oleg Caetani conductor
Amir Farid keyboard 

200902Melbourne-16

| | コメント (2) | トラックバック (0)

亡き王女のためのパヴァーヌ

冬らしい天気になってきました。今日も朝は快晴で、冷え込みも厳しくなってきています。こんな日にはラベルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」がぴったり来て、聞きまくっています。天気が良い澄んだ空に、物哀しげな想いが今の自分にぴったり。仕事が変わることもあるし、ビジネスを起動に乗せられなかった悔しさ、雇用を守れなかった悲しさ 周りの人に迷惑をかけてしまって、自分だけさっさと次の仕事が決まって、複雑な心境が入り混じっています。このラベルの曲が心にしみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミューザ川崎にゆく

11月18日は、ミューザ川崎にヨーヨー・マのコンサートを観にゆきました。会社から自転車で20分。5時50分ごろ出たので余裕で到着。近くて便利です。席はA席の4階しっかり双眼鏡もって行きましたよ。やーしかし外れっぱなしだったヨー様のチケットやっとあたって、それもご近所のミューザ川崎とあれば期待も膨らみます。普通なら、会社の知人を誘うのですがこの値段では誘えません。ちと高くないでしょうか?

【内容】(Ayumiさんの日記より借用)

チェロ:ヨーヨー・マ

ピアノ:キャサリン・ストット

演奏曲

シューベルト「アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821」

ショスタコーヴィチ「チェロ・ソナタ ニ短調」

ピアソラ「ル・グラン・タンゴ」

ジスモンチ「銀婚式~4つの歌」

フランク「ソナタ イ長調」

アンコール:

モリコーネ「ミッション」

ガーシュイン「プレリュード」

モリコーネ「海の上のピアニスト」

いや とても心にしみる演奏会でした。実は、この日は会社で組織変更の発表がありました。私が10年来携わってきた商品開発がいったん凍結。商品は引き続き販売してゆきましが、私も担当がかわりまったく別の分野の仕事を命ぜられました。 話は1か月まえに決まり、ここ1か月相当荒れて,こころがすさんでおりました。なんせ、10年間一番思いがあった商品でしたから...アルペジオーネというのは、すでに世の中になくなってしまった楽器ですが、楽器がなくなってもこのシューベルトの曲はチェロなどで演奏され続けています。ちょっと悲しげな曲でしたが、私には商品がなくなってしまったわけではないんだから、がんばって将来に向けて継続しろという応援歌に聞こえてしまいました。(それにしては暗いですが)しかし、この演奏会でほんと自分の心がはっきりしてすっきりした気分です。チェロ教室のAyumiさんも会場にいらしていたそうで、会えなくて残念でした。やー素晴らしい演奏会でした。次もまた見に行きたい・・(双眼鏡でのぞいて見た ヨー様は 会社の経理の人そっくり 双眼鏡覗きながら噴き出しました)

ミューザ川崎-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

80年代懐かしの曲

80年代初めによく聞いていた 曲あつめてみました。こんなサービスあるんですね。車の中でよく聞いた曲ばかりです。懐かしい。しかし これタダで聞けるとはどんなからくりになっているんでしょうか?昔 TapeはSONYつかってました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

練習

練習中

昨日/今日と久々にチェロの練習してます。黄色いテキスト 楽譜の最後のⅠ弦-1 Ⅱ弦-4を弾くとⅠ弦の音がかすれてでません。左手の指の曲げがたりなくて、Ⅱ弦を押さえている指がⅠ弦に当たっているよう。根本的なところかできてないんですよ。久々にチェロの練習は面白けど、なかなかできないのでけっこうめげました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK交響楽団の定期公演に行く

NHKホール-1

ここのところ激務が続いているので、癒されたいと思い週末はN響のコンサートへ 定期公演でしたが、私の大好きな モーツアルトピアノ協奏曲が演奏されるため、水泳教室に行こうか悩んだが、結局 NHKホールへ。ここ2週間ほど 平均睡眠時間が4時間半の私にとって、クラシックコンサートは睡魔との闘い。途中でしっかり、記憶が途切れること数回。しかし、素晴らしい演奏でした。
【NHK交響楽団 定期公演 第1598回 Program-A】
指揮/ピアノ:アンドレ・プレビィン
■モーツアルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
■モーツアルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調 K.491
■モーツアルト:交響曲36番 ハ長調 K.425 「リンツ」

席は、つい3日前に購入したので3階右側前から5列目

NHKホール-2

指揮のアンドレ・プレビィンさんは 自分でピアノを弾きながら指揮するタイプ。お目当てのピアノ協奏曲が聴けて大満足。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧